うめのきごけ (梅の木苔)

Parmotrema tinctorum

Parmotrema tinctorum

Parmotrema tinctorum

Parmotrema tinctorum

Parmotrema tinctorum

Parmotrema tinctorum

Parmotrema tinctorum

わが国の本州、岩手県以南の主に太平洋側から四国、九州に広く
分布しています。低山地の木の幹や岩などに着生し、灰緑色の紙
のようなかたちです。必要な水分や養分は空気中から取り入れてい
ます。「うめのきごけ」はとくに二酸化硫黄濃度に敏感で、大気汚染
が進むと生育できません。そのため大気汚染の指標植物にもされて
います。また着生した枝は、お正月の生け花にも利用されます。
ウメノキゴケ科ウメノキゴケ属の葉状地衣類で、学名は Parmotrema
tinctorum。英名はありません。
'Umenoki-goke' (Parmotrema tinctorum) belongs to Parmeliaceae family. It
is a foliose lichen that is native to southward from Iwate-prefecture to
Pacific Ocean Side of Honshu, Shikoku and Kyushu. This lichen occurs in
low mountains and is epiphytic on the trunks or rocks. It seems like a
grayish-green paper. It imbibes moisture and nutrient from the air. This
lichen is very sensitive to sulfur dioxide, and cannot be alive in the area
where progress air pollution.
[上・中1] 愛知県新城市作手田原にて、2006年11月15日撮影。
[中2] 滋賀県木之本町大音「賤ヶ岳」にて、
2003年11月02日撮影。
[中3・中4] 奈良県三郷町南畑「信貴山」にて、
2007年03月31日撮影。
[中5・下] 群馬県富士見村「赤城ふれあいの森」にて、
2008年04月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp