うんなんおうばい (雲南黄梅)

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

Jasminum mesnyi

中国の西南部が原産です。わが国へは明治時代に渡来しました。高さは1〜2メートルほどになり、3出複葉が対生します。3月から4月ごろ、「おうばい(黄梅)」より大きな黄色い花を咲かせます。別名で「おうばいもどき(黄梅擬き)」とも呼ばれます。 
モクセイ科ソケイ属の常緑低木で、学名は Jasminum mesnyi。
英名は Primrose jasmine、Chinese jasmine。 
The Primrose jasmine (Jasminum mesnyi) belongs to the Oleaceae (the Olive family). It is a small evergreen tree that is native to southwest China. This tree was introduced into Japan in Meiji Era. It can reach 1-2 m in height, and the 3-lobed compounds leaves are alternate. Bright yellow flowers which lager than Winter jasmine come from March to April. 
[上・中1] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2009年02月21日撮影。
[中2・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中3] 同上にて、2005年04月09日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] 同上にて、2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2012年03月26日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中10] 同上にて、2015年03月09日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2015年04月04日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp