うらじろはなひりのき (裏白嚔の木)

Leucothoe grayana var. hypoleuc

Leucothoe grayana var. hypoleuc

Leucothoe grayana var. hypoleuc

Leucothoe grayana var. hypoleuc

Leucothoe grayana var. hypoleuc

わが国の本州、山形県から鳥取県までの日本海側に分布していま
す。多雪地の山地から高山帯に生え、高さは10〜50センチになり
ます。よく分枝して、葉は卵状楕円形から楕円形で互生します。「ハ
ナヒリノキ」よりも葉は小さく、裏面は白色を帯びます。7月から8月ご
ろ、枝先に総状花序をだし、壺形の淡緑色の花を咲かせます。花序
の軸は無毛です。果実は刮ハで、上向きにつきます。しばしば「ハナ
ヒリノキ」との交雑が見られるそうです。別名で「コシノハナヒリノキ(越
の嚔の木)」とも呼ばれます。
ツツジ科イワナンテン属の落葉低木で、学名は Leucothoe grayana
var. hypoleuca。英名はありません。
長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、2006年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp