うらべにいわひばもどき
(裏紅岩檜葉擬き)
[Index] [Back]

Selaginella umbrosa

Selaginella umbrosa

中央アメリカから南アメリカに分布しています。主茎は地上を這い、側枝は斜上して、高さは7〜10センチになります。葉状体の裏面が、紅紫色をしているのが特徴です。
イワヒバ科イワヒバ属の常緑性シダ類で、学名は Selaginella
umbrosa。英名は Red spikemoss。
Red spikemoss belongs to Selaginellaceae (Spike-moss family). It is an evergreen moss that is distributed from Central America to South America. Main stems are creeping, side branches extend side-upward and can reach 7-10 cm in height. This moss is characterized by purplish-red color, reverse of the fronds.
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp