うらじろななかまど (裏白七竈)

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

Sorbus matsumurana

わが国の固有種で、本州の中部地方以北から北海道に分布しています。高山帯の林縁や谷筋に生え、高さは1〜3メートルになります。葉は奇数羽状複葉で、長楕円形の小葉が4〜6対あります。小葉の表面は光沢のない緑色で、上半部には鋸歯があります。7月から8月ごろ、白い花を咲かせます。秋には上向きについた果実が真っ赤に熟しますが、萼の先が果実の中に埋もれるようになります。 
バラ科ナナカマド属の落葉低木で、学名は Sorbus matsumurana。
英名はありません。 
"Urajiro-nanakamado" (Sorbus matsumurana) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is endemic to Japan, and distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido. This tree grows in alpine forest edges or valleys, and can reach 1-3 m in height. The leaves are impari-pinnate with 4-6 pairs of oblong leaflets. The leaflets are dull green and serrated at upper-half of leaf blades. The white flowers bloom from July to August. The upward fruits ripen bright red in fall. The tips of calyces are buried in fruits. 
[上・中1] 長野県小谷村「栂池自然園」にて、2005年07月11日撮影。
[中2] 同上にて、2005年07月14日撮影。
[中7] 同上にて、2006年08月02日撮影。
[中3] 長野県松本市安曇「乗鞍岳」にて、2010年07月18日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中4] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、2005年07月17日撮影。
[中5・中6] 長野県駒ヶ根市赤穂「駒ヶ岳千畳敷カール」にて、
2002年09月15日撮影。
[中8・下] 長野県白馬村「唐松岳」にて、2016年07月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp