うりはだかえで (瓜膚楓)

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

Acer rufinerve

&わが国の本州から四国・九州に分布しています。山地や丘陵地帯の明るいところに生え、高さは8〜10メートルになります。若い樹木の樹皮は緑色で、縦に濃緑色の筋が入ります。名前は、この樹皮の縞模様を「まくわうり」に喩えたもの。成木になると樹皮は白褐色から褐色に変わりますが、縞模様は残ります。葉は大きくて、長さが10〜15センチになり、3〜5裂します。秋には黄色から赤褐色に紅葉します。nbsp;
カエデ科カエデ属の落葉小高木で、学名は Acer rufinerve。
英名は Snakebark maple。 
The snakebark maple (Acer rufinerve) belongs to the Aceraceae (the Maple family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to Honshu, Shikoku, and Kyushu in Japan. This tree grows in sunny mountainous or hilly areas and can reach 8-10 m in height. The bark of young trees is green with longitudinal dark-green stripes. Its pattern resembles that of the Oriental melon (Cucumis melo var. makuwa). The bark turns light brown to brown when mature, though the stripes remain. The leaves are large at 10-15 cm long and shallowly divided into 3-5 lobes. They turn yellow to reddish brown in fall. (edit by Greg Brockelbank) 
[上・中1・中9] 奈良市雑司町「若草山」にて、
2007年04月20日撮影。
[中2〜3・中7] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中4・中10] 群馬県六合村入山「野反湖」にて、
2008年07月26日撮影。
[中5・中8] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。
[中6] 長野県伊那市長谷黒河内「南アルプス林道」にて、
2006年09月22日撮影。
[中11・中12] 茨城県日立市「竪破山」にて、2013年11月17日撮影。
[中13・中14] 山梨県甲州市「湯ノ沢」にて、2014年05月24日撮影。
[中15〜中18] 宮城県大崎市「胡桃ヶ岳」にて、
2015年06月07日撮影。
[中19・下] 山形県小国町「岩魚沢」にて、2016年04月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp