うりくさ (瓜草)

Lindernia crustacea

Lindernia crustacea

Lindernia crustacea

Lindernia crustacea

Lindernia crustacea

Lindernia crustacea

わが国の各地と朝鮮半島、中国それに東南アジアやミクロネシアに分布しています。茎には4稜があり、地面を這って広がります。葉は卵形で粗い鋸歯があります。8月から10月ごろ、葉腋から長い花柄をだして、小さな淡紫色の唇形花を咲かせます。名前は、果実が「まくわうり」に似ていることから。
ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属の一年草で、学名は Lindernia crustacea。英名は False pimpernel。
False pimpernel (Lindernia crustacea) belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is an annual herb that is native to Japan, the Korean Penninsula, China, Southeast Asia and Micronesia. The stems are quadrangular and spread by creeping on the grounds. The leaves are ovate with coarsely-toothed margins. The small pale purple labiate flowers bloom on the long peduncles from August to October. The Japanese name "Uri-kusa" is named for the fruits similar to "Makuwa-uri" (Cucumis melo var. makuwa).
[上・中1] 千葉県香取市大角にて、2010年08月21日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2011年08月18日撮影。
[下] 同上にて、2011年09月10日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市田原台にて、2003年10月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp