うりのき (瓜の木)

Alangium platanifolium var. trilobum

Alangium platanifolium var. trilobum

Alangium platanifolium var. trilobum

Alangium platanifolium var. trilobum

Alangium platanifolium var. trilobum

Alangium platanifolium var. trilobum

Alangium platanifolium var. trilobum

わが国の各地をはじめ、東アジアに分布しています。山地の林内に
生え、高さは3メートルほどになります。大きな葉は3〜5浅裂して互
生します。6月ごろ、葉腋から集散花序をだし、花弁が外側に強く巻
いた白い花を咲かせます。名前は、葉のかたちが「うり」に似ている
ことから。
ウリノキ科ウリノキ属の落葉低木で、学名は Alangium platanifolium
var. trilobum。英名はありません。
"Uri-no-ki" (Alangium platanifolium var. trilobum) belongs to the
Alangiaceae family. It is a small decidous tree that is native to Japan and
eastern Asia. This tree grows in montane woodlands and can reach about 3
m in height. The leaves are large, alternate and 3-5 lobate. The cymes are
borne on the axils and produce white flowers in June. The petals are
strongly-excurved. The Japanese name is derived from the shape of
gourds.
[上・中1〜2] 群馬県沼田市利根町にて、2010年06月27日撮影。
[中3・中4] 栃木県日光市「東大付属日光植物園」にて、
2010年06月26日撮影。
[中5] 長野県松本市奈川にて、2005年06月25日撮影。
[下] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2008年10月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp