うすばさいしん (薄葉細辛) [Index] [Back]

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

Asiasarum sieboldii

わが国の本州から四国・九州、それに中国の東部に分布しています。山地の湿った林床に生え、高さは10〜15センチになります。葉は心形で対生し、長い葉柄がつきます。3月から5月ごろ、葉の間から短い花柄をだし、黒褐色の花を咲かせます。萼筒のなかには、6個の雌しべと12個の雄しべがあります。根には辛みがあり、漢方では細辛(さいしん)と呼んで、鎮痛や鎮咳、去痰、利尿剤に用いられます。
ウマノスズクサ科ウスバサイシン属の多年草で、学名は Asiasarum sieboldii (syn. Asarum sieboldii)。英名はありません。
"Usuba-saishin" (Asiasarum sieboldii) belongs to the Aristolochiaceae (the Birthwort family). It is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan and eastern China. This herb grows in wet montane forest floors and can reach 10-15 cm in height. The leaves are heart-shaped and opposite with long petioles. The short peduncles are borne on the axiles and bloom blackish-brown flowers from March to May. The 6 pistiles and 12 stamens are aranged in the calyx tube. The roots have a hot flavor and used as a herbal medicine for analgesic, antiussive, expectorant or hydragogue.
[上・中1〜2] 長野県岡谷市長地にて、2009年04月22日撮影。
(photo by Takao Itoh)
[中3・中4] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2010年05月15日撮影。
[中5・中6] 福島市松川町水原にて、2014年05月31日撮影。
[中7〜中11] 福島市町庭坂「家形山」にて、2014年06月01日撮影。
[中12〜13・下] 群馬県片品村「尾瀬ヶ原」にて、
2015年07月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp