うすぎようらく (薄黄瓔珞)

Menziesia cilicalix

Menziesia cilicalix

Menziesia cilicalix

Menziesia cilicalix

わが国の本州、長野・山梨県以西と四国の徳島県に分布していま
す。山地の林縁や岩陰などに生え、高さは1〜2メートルほどになり
ます。葉は楕円形から長楕円形で枝先に集まってつきます。4月から
6月ごろ、枝先に淡い黄緑白色の花を下垂して咲かせますが、花冠
の先端は浅く5裂します。花柄や萼の縁には腺毛が生えます。別名
で、「つりがねつつじ(釣鐘躑躅)」とも呼ばれます。
ツツジ科ヨウラクツツジ属の落葉低木で、学名は Menziesia cilicalix。
英名はありません。
'Usugi-youraku' (Menziesia cilicalix) belongs to Ericaceae (Azalea family). It
is a deciduous small tree that is native westward from Nagano-Yamanashi
prefecture of Honshu and Tokushima prefecture of Shikoku of Japan. This
tree occurs in montane woodland margines or rock shades and can reach
1-2 m in height. The leaves are elliptic to oblong and crowd at the end of
twigs. The pale yellow-greenish white, drooping flowers come in the twig
apices from April to June. The tip of corolla is quintuple-lobate. The
peduncles and the edge of calyces have glandular hairs.
[上・下] 岐阜県中津川市「神坂峠」にて、2007年05月07日撮影。
[中1・中2] 岐阜県瑞浪市釜戸町にて、2005年04月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp