うすゆきそう (薄雪草) [Index] [Back]



Leontopodium japonicum

Leontopodium japonicum

Leontopodium japonicum

Leontopodium japonicum

Leontopodium japonicum

Leontopodium japonicum

Leontopodium japonicum

Leontopodium japonicum

Leontopodium japonicum

わが国の本州から四国・九州それに中国に分布しています。山地の砂礫地などに生え、高さは25〜50センチになります。葉は披針形で互生し、全縁です。7月から8月ごろ、茎頂の白い苞葉のなかに、小さな灰白色の頭花を咲かせます。総苞は釣り鐘状で、総苞片は3列つきます。和名は、淡白色の苞葉を薄く積もった雪に喩えたもの。
キク科ウスユキソウ属の多年草で、学名は Leontopodium japonicum。英名はありません。
"Usuyuki-so" (Leontopodium japonicum) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan and China. This herb grows in mountane screes and can reach 25-50 cm in height. The leaves are lanceolate, alternate and entire. The small grayish-white flower-heads appear on the white bracts of stem apices from July to August. The bracts are bell-shaped and the phyllaries are arranged in triple rows.
[上・中1〜3] 群馬県六合村入山「野反湖」にて、
2008年07月26日撮影。
[中4・中5] 宮城県仙台市「泉ヶ岳」にて、2016年06月04日撮影。
[中6〜8・下] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2016年07月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp