うちわのき (団扇の木)

Abeliophyllum distichum

Abeliophyllum distichum

Abeliophyllum distichum

Abeliophyllum distichum

Abeliophyllum distichum

朝鮮半島の中北部が原産です。一属一種で、わが国へは昭和時代
のはじめに渡来しました。葉は卵形で、先端が尖り対生します。3月
から4月ごろ、葉の展開する前に白色または淡い紅色の「れんぎょ
う」に似た花を咲かせます。名前は、刮ハのかたちが扁平な円形で、
これを団扇に喩えたもの。別名で「しろれんぎょう(白連翹)」とも呼ば
れます。
モクセイ科ウチワノキ属の落葉低木で、学名は Abeliophyllum
distichum。英名は White forsythia。
White forsythia (Abeliophyllum distichum) belongs to Oleaceae (the Olive
family). It is a small deciduous tree that is native to the central-northern
Korean Peninsula. This is the sole species in the genus. The leaves are
ovate and alternate with acute tips. The Lian Qiao-like white to pale rose-
pink flowers bloom in March to April before foliation. The fruits are flat,
round capsules. (edit by Greg Brockelbank)
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月10日撮影。
[中3・下] 同上にて、2004年07月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp