うちわやし (団扇椰子)

Licuala grandis

Licuala grandis

Licuala grandis

Licuala grandis

Licuala grandis

Licuala grandis

Licuala grandis

南太平洋のソロモン諸島やバヌアツ諸島に分布しています。幹は細
く単幹で、高さは3メートルほどになります。葉は大きな扇形で、葉身
が分裂しません。葉のあいだから花序を伸ばし、淡黄色の花を咲か
せます。果実は赤く熟します。別名で、「まるはうちわやし(丸葉団扇
椰子)」とも呼ばれます。
ヤシ科リクアラ属の常緑低木で、学名は Licuala grandis。
英名は Licuala palm, Vanuatu fan palm。
Licuala palm belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a small
evergreen tree that is distributed to the Solomon Islands and Vanuatu
Islands in the South Pacific Ocean. This palm is a slim single trunk and can
reach about 3 m in height. The leaves are large fun shaped and undivided.
The pale yellow flowers are borne in the axillary inflorescences. The fruits
ripen red.
[上・中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年02月28日撮影。
[中4] 同上にて、2006年03月24日撮影。
[中1] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。
[中3] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中5・下] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2009年11月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp