うつぎ (空木)

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

Deutzia crenata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山野にふつうに生え、高さは1〜3メートルになります。葉は楕円形から卵状披針形のやや厚い皮質で対生します。名前は、幹の髄が中空になっていることから。5月から6月ごろ、芳香のある白い花を咲かせます。別名で「うのはな(卯の花)」とも呼ばれます。
アジサイ科ウツギ属の落葉低木で、学名は Deutzia crenata。
英名は Deutzia。
The Deutzia (Deutzia crenata) belongs to the family Hydrangeaceae (the Hydrangea family). It is a small deciduous tree that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This tree grows in mountains or fields and can reach 1-3 m in height. The leaves are elliptic to ovate-lanceolate, thick leathery and opposite. The stems are midair. The fragrant white flowers come in May to June.
[上・中1] 岐阜県八百津町福地にて、2007年06月07日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市「清滝峠」にて、2004年05月22日撮影。
[中3] 長野県佐久穂町「乙女の森」にて、2005年07月10日撮影。
[中4・中5] 奈良県御所市関谷「金剛山」にて、
2006年04月14日撮影。
[中6・中7] 群馬県片品村戸倉にて、2012年06月10日撮影。
[中8] 山形県小国町小玉川にて、2011年11月06日撮影。
[中9〜10・下] 愛知県豊橋市多米町にて、2013年05月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp