ウェルバスクム・カイキイ

Verbascum chaixii

Verbascum chaixii

Verbascum chaixii

Verbascum chaixii

Verbascum chaixii

ヨーロッパからロシアの中部に分布しています。高さは60〜90セン
チになり、卵形から楕円形の大きな葉が根生します。葉には毛が密
生しています。晩春から初夏にかけて、茎の先の大きな総状花序
に、黄色い花をいっぱい咲かせます。紫色の雄しべが目立ちます。
ゴマノハグサ科モウズイカ属の多年草で、学名は Verbascum chaixii。
英名は Nettle-leaved mullein。
Nettle-leaved mullein (Verbascum chaixii) belongs to Scrophulariaceae (the
Figwort family). It is a perennial herb that is distributed from Europe to
central Russia. This herb can reach 60-90 cm in height. The leaves are
large, ovate to elliptic, basal and covered with dense hairs. The many
yellow flowers bloom on the large racemes from late spring to early
summer. The purple stamens are conspicuous.
[上・中1・下] 新潟県十日町市松之山「エデンの花園」にて、
2008年10月19日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp