ウェルバスクム・オリンピクム [Index] [Back]

Verbascum olympicum

Verbascum olympicum

Verbascum olympicum

Verbascum olympicum

Verbascum olympicum

Verbascum olympicum

Verbascum olympicum

ギリシャの南部に分布しています。高さは150〜200センチになります。葉は大きな楕円形で根生し、表面には毛が密生して灰色のロゼットを形成します。初夏から盛夏ごろ、大きな総状花序に黄色い花をいっぱい咲かせます。
ゴマノハグサ科モウズイカ属の多年草で、学名は Verbascum olympicum。英名は Greek mullein。
Greek mullein (Verbascum olympicum) belongs to the family Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native to southern Greece. This herb can reach 150-200 cm in height. The leaves are large, elliptic, basis, forming a grayish rosette and covered with dense hairs. The many yellow flowers bloom on the large racemes in early summer to mid summer.
[上・中1〜4] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年05月23日撮影。
[中5〜6・下] アメリカ・カリフォルニア州「パシフィックグローブ」にて、
2009年06月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp