ウィグイエラ・コルディフォリア [Index] [Back]

Viguiera cordifolia

Viguiera cordifolia

アメリカの南西部、アリゾナ州からニューメキシコ州、テキサス州それにメキシコに分布しています。乾燥した斜面や渓谷、大部分はマツ林や石灰岩土壌に生え、高さは50〜100センチになります。葉は対生または互生し、卵形から三角状卵形、披針状卵状で、縁には鋸歯や細鋸歯があります。7月から9月ごろ、黄色い頭花を咲かせます。頭花は6〜8個の舌状花と40個以上の中心花からなります。
キク科ウィグイエラ属の多年草で、学名は Viguiera cordifolia。
英名は Heartleaf goldeneye。
Heartleaf goldeneye (Viguiera cordifolia) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to the south-western United States; Arizona, New Mexico and Texas, and Mexico. This herb grows on dry slopes and canyons, mostly pine forests and limestone soils, and it can reach 50-100 cm in height. The leaves are opposite or alternate, ovate to deltate-ovate or lance-ovate with serrate or serrulate margins. The yellow flower-heads bloom from July to September. The flower-head consists of 6-8 ray florets and up to 40 disc florets.
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2012年11月02日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp