ウォールジャーマンダー

Teucrium chamaedrys

Teucrium chamaedrys

Teucrium chamaedrys

Teucrium chamaedrys

ヨーロッパ南部の地中海沿岸が原産です。日当たりの良い石灰岩質
の砂礫地などに生え、高さは30センチほどになります。「オーク」に
似た小さな葉には光沢があります。7月から9月ごろ、芳香のあるロ
ーズピンク色の花を咲かせます。古くから痛風の治療薬や利尿剤、
咳や喘息の薬として用いられてきました。
シソ科ニガクサ属の常緑小低木で、学名は Teucrium chamaedrys。
英名は Wall germander。
Wall germander belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen
subshrub that is native to southern Europe, coastal areas of the
Mediterranean. This herb occurs in sunny calcareous screes and can reach
about 30 cm in height. The leaves are small, glossy and resemble to the oak
leaf. The fragrant rose-pink flowers come in July through September. This
herb has been used for gout suppressant, hydragogue or cough medication.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年08月24日撮影。
[中2・下] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp