ウォーターバコパ

Bacopa caroliniana

Bacopa caroliniana

Bacopa caroliniana

Bacopa caroliniana

Bacopa caroliniana

Bacopa caroliniana

Bacopa caroliniana

アメリカの東部、バージニア州からメキシコ湾岸沿いにテキサス州まで分布しています。池沼や湿地に生え、長さは50〜100センチになります。葉は楕円形から倒披針形で比較的厚く、十字対生します。葉を潰すとレモンの香りがします。夏から秋にかけて、小さな青紫色の花を咲かせます。
ゴマノハグサ科ステラ属の常緑多年草で、学名は Bacopa caroliniana。英名は Blue waterhyssop、Lemon bacopa。
Blue waterhyssop (Bacopa caroliniana) belongs to the Scrophulariaceae family (the Figwort family). It is an evergreen herb that is distributed to eastern United States, from Virginia west to along the Gulf of Mexico, Texas. This herb grows in ponds and swamps, and can reach 50-100 cm long. The leaves are elliptic to oblanceolate, relatively thick and arranged in decussate. The leaves smell lemon odor when they are crushed. The small bluish-purple flowers bloom from summer to fall.
[上] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年10月30日撮影。
[中1〜中3] 同上にて、2006年10月03日撮影。
[中4〜5・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp