ウェスタンゴース

Ulex gallii

Ulex gallii

Ulex gallii

Ulex gallii

Ulex gallii

Ulex gallii

グレートブリテン島西部からアイルランド島に分布しています。西ヨーロッパに広く分布する「はりえにしだ(Ulex europaeus)」の近縁です。大西洋の風が吹きすさぶヒース(荒野)に生え、高さは50〜100センチになります。葉は線状披針形で、棘のようにみえます。「はりえにしだ」は春に開花しますが、本種は7月から10月ごろ、黄色い蝶形花を咲かせます。枝には可燃性の油脂が含まれ、よく自然発火して山火事を起こします。アイルランドでは山火事のことをゴースファイアー(Gorse fire)と呼ぶそうです。「エリカ・キネレア(Erica cinerea)」と共生し、ヒースを彩っています。
マメ科ハリエニシダ属の常緑小低木で、学名は Ulex gallii。
英名は Western gorse、Summer gorse。
Western gorse (Ulex gallii) belongs to Fabaceae (the Pea family). It is an evergreen shrub that is native from western Great Britain to Ireland. It is closely related to Ulex europaeus. This shrub grows in heath where the gusty wind blows from the Atlantic Ocean, and can reach 50-100 cm in height. The leaves are linear-lanceolate and look like spines. It blooms yellow papilionacenous flowers from July to October, though Ulex europaeus bloom in spring. The branches contain combustible oil, they often spontaneously combust and cause of the forest fires. The forest fire is also called "Gorse fine" in Ireland. This shrub lives with Bell heather (Erica cinerea), and they color the heath.
[上・中1〜2] イギリス・ウェールズ地方にて、2000年09月05日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)
[中3〜4・下] イギリス・ドーセット州クライストチャーチにて、
2009年09月25日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp