ウェスタンジュニパー [Index] [Back]

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

Juniperus occidentalis

アメリカの西部、ワシントン州からカリフォルニア州南部に分布しています。山地の傾斜地や高原などに生え、高さは4.5〜9メートルになります。巨大な木では、幹の直径が5メートル、推定年令が2千年を超えるものもあります。樹皮は赤褐色で溝が入り、ぼろぼろに剥離します。葉は鱗片状の灰緑色、丸い小枝にくっついています。
ヒノキ科ネズミサシ属の常緑小高木で、学名は Juniperus occidentalis。英名は Western juniper。
Western juniper belongs to the family Cupressaceae (the Cypress family). It is a semi-tall evergreen tree that is distributed from Washington south to south California. This tree grows in mountain slopes and plateaus and it can reach 4.5-9 m in height. The giant trees reach a trunk diameter of 5 m and estimated age of more than 2,000 years. Barks are reddish brown, furrowed and shreddy. Leaves are scalelike, grayish green and forming rounded twigs.
[上・中1〜2] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・中4] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5〜中8] アメリカ・オレゴン州「ピータースキーンオグデン州立公園」にて、2013年06月10日撮影。
[中9〜11・下] アメリカ・オレゴン州ベンド市にて、
2013年06月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp