ウェスタンレッドシーダー [Index] [Back]

Thuja plicata

Thuja plicata

Thuja plicata

Thuja plicata

Thuja plicata

北アメリカの西海岸に分布しています。開けた山地に生え、高さは65〜70メートル以上、幹の直径は3〜4メートルになります。寿命が長く、樹齢千年以上の個体もあります。樹冠は円錐形です。樹皮は灰色で、比較的細長い一片に割れ目が入ります。葉は枝葉を形成し、鱗片状の葉が2個ずつ対生します。また枝葉は表面が緑色、裏面も緑色で白色の気孔帯があります。果実は小さな直立した球果で、長さは1〜1.5センチ、緑色から黄緑色で、秋に褐色に熟します。カナダのブリティッシュコロンビア州の州木となっています。
ヒノキ科ネズコ属の常緑高木で、学名は Thuja plicata。
英名は Western redcedar。
Western redcedar (Thuja plicata) belongs to the family Cupressaceae (the Cypress family). It is a tall evergreen tree that is native to west coast of North America. This tree grows in the open forests, and it can reach up to 65-70 m in height and 3-4 m in trunk diameter. It is long-lived, some individuals can live well over a thousand years. The crown is pyramidal shaped. The barks are grayish, and furrowed into relatively narrow strips. The foliage forms flat sprays with scale-like leaves in opposite pairs, and the foliage sprays are green above, and green marked with whitish stomatal bands below. The fruits are small erect cones, 1-1.5 cm long, and they are green to yellow-green, ripening brown in fall. It is the Provincial tree of British Columbia.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp