ウェスタンソープベリー

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

Sapindus drummondii

アメリカの中南部から南西部それにメキシコ北部に分布しています。草原や山地の林縁、河岸などの湿ったところに生え、高さは6〜12メートルになります。葉は2回奇数羽状複葉で、小葉は披針形です。晩春から夏にかけて、茎の上部に長い総状花序をだし、小さな黄白色の花を咲かせます。果実は液果で、秋に黄色からオレンジ色に熟します。果実にはアルカロイドのサポニンが含まれ有毒ですが、古くから衣類などの洗剤に利用されてきました。
ムクロジ科ムクロジ属の常緑小高木で、学名は Sapindus drummondii。英名は Western soapberry、Wild chinatree。
Western soapberry (Sapindus drummondii) belongs to the family Sapindaceae (the Soapberry family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to central-southern, west-southern United States and northern Mexico. This tree grows in montane forest edges or on wet places along streams, and can reach 6-12 m in height. The leaves are odd-bipinnate with lanceolate leaflets. The long racemes are borne at the upper branches and the small yellowish white flowers bloom from late spring to summer. The fruits are berries and ripen yellow to orange in fall. They contain toxic saponin, though they have been used as a substitute for detergent from long ago.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2005年10月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜6・下] アメリカ・オレゴン州オンタリオ市にて、
2013年06月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp