ウィテヘディア・ビフォーリア

Whiteheadia bifolia

Whiteheadia bifolia

Whiteheadia bifolia

ナミビアの南部から南アフリカに分布しています。一属一種の植物で
す。大きな2個の葉が横に広がります。総状花序に、小さな緑色の花
被をもつ花を咲かせます。「マッソニア(Massonia)」に近縁です。
ユリ科ウィテヘディア属の多年草で、学名は Whiteheadia bifolia。
英名はありません。
Whiteheadia bifolia belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb
that is distributed in south Namibia to South Africa. This genus is the sole
species. It dilates two large leaves. The flowers with small greenish
perianthes come on the racemes. This genus is related to Massonia.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp