ウィリウィリ [Index] [Back]

Erythrina sandwicensis

Erythrina sandwicensis

ハワイ諸島の固有種です。風下の斜面にある乾燥した林内に生え、高さは10〜13メートルになります。幹や枝には、短い棘がわずかあります。葉は3出複葉で、小葉は円形から三角状です。夏には落葉します。花はふつうオレンジ色の爪形で、夏に咲かせます。花色には、赤色や鮭肉色、桃色、淡緑色、黄色、白色などがあります。
マメ科デイゴ属の落葉高木で、学名は Erythrina sandwicensis。
英名は Wiliwili, Hawaiian coral tree。
Wiliwili belongs to Fabaceae (Pea family). It is a deciduous tall tree that is an endemic species of Hawaiian Islands. This tree occurs in dry forests of leeward slopes and can reach 10-13 m in height. The trunk and branches have a few short spines. The leaves are 3-lobed compounds with round to triangular leaflets. It defoliates during the summer. The claw-shaped, generally orange flowers come in summer. But there are forms with red, salmon, peach, light green, yellow or white flowers.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp