ウッドパイン [Index] [Back]

Parthenocissus vitacea

Parthenocissus vitacea

Parthenocissus vitacea

Parthenocissus vitacea

Parthenocissus vitacea

Parthenocissus vitacea

カナダの南東部からアメリカの大部分に分布しています。非常に大きくなるクライマーで、長さは20〜30メートルになります。葉は掌状複葉で、鋸歯のある5個の小葉がつきます。春の終わりごろ、花序に小さな黄緑色の花を咲かせます。果実は紫黒色の液果で、夏の終わりから初秋に熟します。果実は蓚酸が含まれるため、わずかな毒性があります。この蔓は、アメリカづたに見られる粘りのあるパッドのある巻きひげがないので、滑らかな壁は登れず、潅木や樹木だけです。
ブドウ科ツタ属の落葉蔓性木本で、学名は Parthenocissus vitacea。
英名は Woodbine、Thicket creeper。
Woodbine (Parthenocissus vitacea) belongs to the family Vitaceae (the Grape family). It is a deciduous vine that is native to southeastern Canada and a large area of the United States. This vine is a prolific climber and it can reach 20-30 m long. The leaves are palmately compound with five serrated leaflets. The small greenish-yellow flowers bloom in clusters in late spring. The fruits are purplish-black berries, ripen in late summer or early fall. They contain oxalic acid, which is slightly poisonous. This vine cannot climb smooth walls, only through shrubs and trees, because of its tendrils not having the sticky pads found on the Virginia Creeper (Parthenocissus quinquefolia).
[上・中1] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年04月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2〜4・下] アメリカ・アイダホ州ツインフォールズにて、
2013年06月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp