ウールグラス [Index] [Back]

Scirpus cyperinus

Scirpus cyperinus

アメリカの東部およびカナダ東部に分布しています。抽水植物で、湿地や池などのさまざまな場所に生えます。短くて丈夫な地下茎があり、密な群落を形成し、高さは90〜150センチになります。茎は直立し、5〜10個の長い線形の葉を弓なりになったり広がったりしてつけます。6月から7月ごろ、濃い緑色の小穂をもった花序をだします。花序は晩夏には、目を引く柔らかくてウールのような形に変わります。アメリカ先住民は、この植物をバッグやマット、枕の詰め物など、さまざまな目的で利用していました。 
カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草で、学名は Scirpus cyperinus。
英名は Woolgrass。 
Woolgrass (Scirpus cyperinus) belongs to the Cyperaceae (the Sedge family). It is a perennial herb that is native to the eastern United States and eastern Canada. This herb is an emergent and grows in many types of wet habitat, such as marshes and ponds. It produces short, tough rhizomes and grows in dense clumps, and it can reach 90-150 cm in height. The stem is upright and bears 5-10 long linear, ascending to spreading leaves. The inflorescence of dark green spikelets is borne in June to July. It turn an attractive soft woolly appearance by late summer. Native Americans used this plant for a number of purposes, such as bags, mats, and stuff pillows. 
アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp