ウッドセージ [Index] [Back]

Teucrium scorodonia

Teucrium scorodonia

ヨーロッパの西部に分布しています。乾燥した林内や草地、海岸砂丘などに生え、高さは30〜50センチになります。全体に柔らかな毛に被われています。葉は卵形で、浮き出た葉脈があります。7月から9月ごろ、黄緑色の花を咲かせます。「ホップ」に似た味と香りがあり、ビールの香り付けに使われることもあります。
シソ科ニガクサ属の多年草で、学名は Teucrium scorodonia。
英名は Wood sage。
Wood sage (Teucrium scorodonia) belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that is native to western Europe. This herb occurs in dry woodlands, grassland or dunes and can reach 30-50 cm in height. The plant is covered with soft hairs. The leaves are ovate with standing out veins. The yellowish-green flowers appear from July to September. The plant resembles hops in taste and flavour and is used for flavouring beer in some areas.
群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp