イランイランのき (木)

Cananga odorata

Cananga odorata

Cananga odorata

Cananga odorata

Cananga odorata

インドから東南アジア、オーストラリア北東部に分布しています。高さ
は15〜20メートルほどになります。枝は細くて先端が垂れ下がり、
長楕円形から長卵形の葉は互生します。長い花柄の先に細長い花
弁の花を咲かせます。咲き始めは淡い緑色ですが、しだいに黄色に
変わります。この濃厚な甘い香りのある花は、イランイラン香水の原
料となります。「イランイラン」とはタガログ語で、「花の中の花」の意
味だそうです。
バンレイシ科カナンガ属の常緑高木で、学名は Cananga odorata。
英名は Ylang-ylang, Ilang-ilang, Alang-ilang。
Ylang-ylang (Cananga odorata) belongs to Annonaceae (Custard apple
family). It is an evergreen tall tree that is distributed from India to Southeast
Asia and northeastern Australia. This tree can reach 15-20 m in height. The
branches are slender and drooping. The leaves are oblong to long-ovate
and alternate. The flowers have long and thin petals and borne on the long
peduncles. They are pale green at beginning and turn yellow gradually.
They have strong odor and used for the raw material of perfume. 'Ylang-
ylang' means 'flower of flowers' in Tagalog.
[上・下] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。
[中1] 同上にて、2005年02月26日撮影。
[中2] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中3] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp