バコパ・ディッフスム

Sutera diffusus

Sutera diffusus

Sutera diffusus

Sutera diffusus

Sutera diffusus

アフリカやカナリア諸島が原産です。茎を匍匐させて広がり、グランド
カバーに利用されています。花期は4月から11月までと長く、白い小
さな花を咲かせ続けます。写真は、園芸品種の「スノーフレーク(cv.
Snowflake)」。名前の「バコパ(Bacopa)」は、古い属名です。別名で
「ステラ・ディッフスム」とも呼ばれます。
ゴマノハグサ科ステラ属の常緑多年草で、学名は Sutera diffusus。
英名は Bacopa。
Bacopa belongs to Scrophulariaceae (Figwort family). It is an evergreen
perennial herb that is native to Africa and Canary Islands. This herb is
creeping and used for ground cover. The flowering season is long,
small white flowers continue to bloom from April to November. 'Bacopa' is
a previous genus name. It is also called 'Sutera'.
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2004年12月19日撮影。
[中2・中3] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp