バッカリス・ハリミフォリア

Baccharis halimifolia

Baccharis halimifolia

Baccharis halimifolia

Baccharis halimifolia

Baccharis halimifolia

アメリカの東北部に分布しています。生育が早く高さは2〜4メートル
ほどになります。灰緑色の葉は「しろざ」に似ていて互生します。10
月ごろ、花茎を伸ばして円錐花序に小さな白い筒状花を咲かせま
す。寒さや潮風にも比較的強いので、海岸地帯に植栽されていま
す。
キク科バッカリス属の落葉低木で、学名は Baccharis halimifolia。
英名は Eastern baccharis, Groundsel bush。
Eastern baccharis (Baccharis halimifolia) belongs to the Asteraceae (the
Aster family). It is a small deciduous tree that is native to the east-northern
Unites States. This tree grow fast and can reach 2-4 m in height. The
leaves are gray-green, resembling to "Fat hen (Chenopodium album)" and
arranged alternately. The flowering stalks are borne and the small white
tubular flowers bloom in the panicles around October. This tree is relatively
tolerant cold and sea breeze, and it is planted in foreshore.
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年09月29日撮影。
[中3・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp