ばいかうつぎ (梅花空木)

Philadelphus satsumi

Philadelphus satsumi

Philadelphus satsumi

Philadelphus satsumi cv.

Philadelphus satsumi

Philadelphus satsumi

Philadelphus satsumi

Philadelphus satsumi

Philadelphus satsumi

Philadelphus satsumi

わが国の本州から四国、九州に分布しています。山地に生えて高さは2メートルほどになり、先端の尖った卵形の葉が対生します。北半球に30〜70種ほどあるバイカウツギ属の一種です。5月から7月ごろ、枝先の総状花序に真っ白な4弁花を咲かせます。花には芳香があります。別名で「さつまうつぎ(薩摩空木)」とも呼ばれます。八重咲きの園芸品種もあります。
アジサイ科バイカウツギ属の落葉低木で、学名は Philadelphus satsumi。英名はありません。
"Baika-utsugi" (Philadelphus satsumi) belongs to the Hydrangeaceae (the Hydrangea family). It is a small deciduous tree that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan. This tree grows in montains and can reach about 2 m in height. The leaves are ovate and opposite with acute tips. The racemes are borne at the terminal branches and the pure white four-petaled flowers bloom from May to July. The flowers are scented. There are double-flowered cultivars.
[上] 長野県塩尻市旧塩尻にて、2007年07月11日撮影。
[中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年05月15日撮影。
[中3] 長野市松代町東寺尾にて、2004年05月15日撮影。
[中4] 長野県松本市奈川にて、2005年06月25日撮影。
[中5・中6] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] オランダ・アムステルダム市にて、2013年07月09日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中8・下] イギリス・ランカシャー州グレートミトンビレッジにて、
2015年06月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp