バナナ

Musa acuminata

Musa acuminata

Musa acuminata

Musa acuminata

Musa acuminata

Musa acuminata

現在、食用にされている「バナナ」の原種で、マレー半島をはじめ東
南アジアに広く自生しています。単子葉植物で茎は地下にあり、幹の
ように見える部分は、葉柄が重なり合った偽茎です。偽茎の頂部か
ら、先端に大きな苞をつけた花茎をのばします。
バショウ科バショウ属の常緑多年草で、学名は Musa acuminata。
英名は Banana。
Banana (Musa acuminata) belongs to Musaceae (Banana family). It is an
evergreen perennial herb that is native to Malay Peninsula and Southeast
Asia. This is an original species of normal banana which is used for foods. It
is a monocotyledon. The true stem is in underground and the pseudostem
looks like the stem. Long flowering stalk is borne at the top of pseudostem.
[上] 静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、
2007年02月16日撮影。
[中1] 大阪市交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年11月10日撮影。
[中2・下] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2008年12月06日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2009年03月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp