バンクシア・エリキフォリア

Banksia ericifolia

Banksia ericifolia

Banksia ericifolia

Banksia ericifolia

Banksia ericifolia

Banksia ericifolia

Banksia ericifolia

オーストラリア南東部、ニューサウスウェールズ州の東部に分布して
います。明るい林内や荒れ地に生え、高さは3〜4.5メートルになり
ます。葉は「エリカ」似た線形で、長さは15ミリほどです。秋から冬に
かけて、長さ50〜60センチの円筒形の花序をだし、オレンジ色の
花を咲かせます。花披がかぎ爪状をしたバンクシアの一種です。花
後、花序は松ぼっくり状になり、種子は山火事が起こるまでこのなか
に留まります。
ヤマモガシ科バンクシア属の常緑低木で、学名は Banksia ericifolia。
英名は Heath-leaved banksia。
Heath-leaved banksia (Banksia ericifolia) belongs to Proteaceae family. It is
a small evergreen tree that is native to southeastern Australia; eastern New
South Wales. This tree grows in open wood and barrens, and can reach 3-
4.5 m in height. The leaves are linear, about 15 mm long and resembles to
Heath. The orange flowers come in the terminal cylindrical long spikes, 50-
60 cm long from fall to winter. The perianthes are hooked. Following
flowering, the inflorescence turn to pinecone-like and the seeds remain until
forest fire.
[上・中1〜2・中4] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」
にて、2006年06月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] オーストラリア・シドニー市ノースヘッド岬にて、
2006年12月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp