バンクシア・インテグリフォリア

Banksia integrifolia

Banksia integrifolia

Banksia integrifolia

Banksia integrifolia

Banksia integrifolia

Banksia integrifolia

Banksia integrifolia

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェール
ズ州それにビクトリア州に分布しています。海岸近くの湿地帯に生
え、高さは4〜20メートルになります。倒披針形の葉は革質で表面
は濃緑色、下面には白色の綿毛があります。秋から冬ごろ、円筒
形の花序をだし、淡黄色の花を咲かせます。花後、花序は木化して
松かさ状になり、種子が熟すと散布されます。
ヤマモガシ科バンクシア属の常緑小高木で、学名は Banksia
integrifolia。英名は Coastal banksia, Coast banksia。
Coastal banksia (Banksia integrifolia) belongs to Proteaceae family. It is a
semi-tall evergreen tree that is native to eastern Australia; Queens, New
South Wales and Victoria. This tree grows in coastal wetlands and can
reach 4-20 m in height. The leaves are oblanceolate, leathery and dark-
green with white-tomentose on the lower surfaces. The pale yellow flowers
come in the terminal cylindrical spikes from fall to winter. Following
flowering, the inflorescence lignify and turn to pinecone-like, and scatter the
seeds when mature.
[上・中1] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2009年11月15日撮影。
[中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・中4] 同上にて、2005年12月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2005年12月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2006年01月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp