ばんじろう (蕃石榴)

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

Psidium guajava

メキシコから熱帯アメリカが原産ですが、熱帯各地で広く栽培されています。名前は、沖縄での漢名「蕃石榴」の読み方、「ばんじろう(ばんしるー)」から。果実は球形・卵形または洋なし型で、先端に萼がつきます。「ばんじろう」は、昔からインディオによって「聖なる木」と呼ばれ、皮膚病や火傷の治療に使われていました。この葉を煎じたグァバ茶は、アレルギー疾患に効果があるそうです。
フトモモ科バンジロウ属の常緑小高木で、学名は Psidium guajava。
英名は Common guava。
The Common guava (Psidium guajava) belongs to the family Myrtaceae (the Myrtle family). It is a semi-tall evergreen tree that is native from Mexico to tropical America. Nowadays, this tree is cultivated widely in the tropical areas. The fruits are globose, ovate or pear-shaped with their calyces. Common guava has been called "Sacred tree" by the indigenous peoples since early times and used as a traditional medicine for skin diseases and burn injury. The guava leaves have an effect on curing for allergy disease.
[上] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[中1] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2006年11月15日撮影。
[中2] 静岡県浜松市都田町「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中3] ベトナム・ハノイ市にて、2010年09月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中4・中5] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2011年12月10日撮影。
[中6〜中8] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2012年03月31日撮影。
[中9〜中11] トルコ・アフロディシアス遺跡にて、
2014年09月20日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中12・中13] トルコ・エフェソス遺跡にて、2014年09月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中14・下] ギリシャ・スキアトスにて、2014年09月18日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp