バオバブ

Adansonia digitata

Adansonia digitata

Adansonia digitata

Adansonia digitata

Adansonia digitata

Adansonia digitata

Adansonia digitata

Adansonia digitata

Adansonia digitata

Adansonia digitata

南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、モザンビークをはじめアフリカの熱帯地方に分布しています。厚さ5〜10センチの樹皮で被われた幹は円筒形で直立し、高さは25メートルほどになります。また根の形状に似た枝をつけるため、逆さの木(upside-down tree)とも呼ばれます。葉は5〜7出複葉です。晩春から夏(10月から12月ごろ)、長い花梗を下垂させ、大きく真っ白な花を咲かせます。花は午後遅くから咲きはじめ、一日で萎みます。蝙蝠媒花です。果実は大きな卵形で、果肉は飲料や解熱剤などに利用されます。 
パンヤ科バオバブ属の落葉高木で、学名は Adansonia digitata。
英名は Baobab、Cream of Tartar tree。 
Baobab (Adansonia digitata) belongs to the Bombacaceae family. It is a tall deciduous tree that is native to South Africa, Botswana, Namibia, Mozambique, and the tropical areas in Africa. The trunk is cylindrical, erect, covered with 5-10 cm thick bark, and can reach about 25 m in height. The tree is also called the Upside-down tree, because of the branches which resemble the shape of roots. The leaves are pentafoliolate to 7-foliolate. The large white flower blooms at long drooping peduncle from late spring to summer. The flowers last one day, open in the late afternoon and fade at evening. It is a bat-pollinated flower. The fruits are large ovate and the fleshes are used as a material for beverage or anti-fever agent. 
[上・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2005年08月16日撮影。
[中4] 同上にて、2006年02月02月撮影。
[中5] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中6〜8・下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp