ばいかおうれん (梅花黄蓮)

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

Coptis quinquefolia

わが国の本州、福島県以南から紀伊半島にかけての太平洋側、四国それに台湾に分布しています。山地の林内や林縁に生え、高さは10〜15センチになります。葉は根生して長い柄があり、5個の小葉をもつ掌状複葉です。3月から5月ごろ、花柄を伸ばして「うめ」に似た白い花を咲かせます。花弁のように見えるのは萼片です。葉が「うこぎ(五加)」に似ていることから「ごかようおうれん(五加葉黄蓮)」とも呼ばれます。 
キンポウゲ科オウレン属の多年草で、学名は Coptis quinquefolia。
英名はありません。 
"Baika-ohren" (Coptis quinquefolia) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is distributed southward from Fukushima prefecture to the Ki-i Peninsula, the Pacific Ocean Side of Honshu, Shikoku of Japan and Taiwan. This herb grows in montane forests or woodland margins and it can reach 10-15 cm in height. The leaves are basal, petiolated and palmately compound with 5 leaflets. The Japanese apricot-like, white flowers come in March to May. The sepals look like petals. 
[上・中1・中5] 岐阜県中津川市「神坂峠」にて、
2007年05月07日撮影。
[中2] 長野県伊那市西春近「かんてんぱぱガーデン」にて、
2006年04月04日撮影。
[中3] 長野県駒ヶ根市赤穂「養命酒健康の森」にて、
2006年04月04日撮影。
[中4] 長野県阿智村阿智「富士見台高原」にて、
2007年05月07日撮影。
[中6〜7・下] 福島市町庭坂「家形山」にて、2014年06月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp