ばらいちご (薔薇苺)

Rubus illecebrosus

Rubus illecebrosus

Rubus illecebrosus

Rubus illecebrosus

Rubus illecebrosus

わが国の本州、中部地方以西から四国、九州に分布しています。日
当たりの良い山地に生えて、高さは20〜50センチほどになります。
葉は奇数羽状複葉で、披針形の小葉が2〜3対あり、側脈が目立ち
ます。茎や葉の裏に棘があります。6月から7月ごろ、白色または淡
紅色の大きな花を咲かせます。果実は長さ15ミリほどの広楕円形
で、赤く熟して食べられます。別名で「みやまいちご(深山苺)」とも呼
ばれます。
バラ科キイチゴ属の落葉低木で、学名は Rubus illecebrosus。
英名は Strawberry-raspberry。
Strawberry-raspberry belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous
small tree that is distributed westward from Chubu district of Honshu to
Shikoku and Kyushu of Japan. This tree occurs in sunny mountains and can
reach 20-50 cm in height. The leaves are odd-pinnate compound with 2-3
pairs of lanceolate leaflets. The lateral veins are conspicuous. This tree has
spines on stems and abaxial sides of leaves. The white to pale pink flowers
come in June through July. The fruits are broad-elliptic aggregates about 15
mm long, ripen red and edible.
[上・中1] 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にて、2007年08月01日撮影。
[中2] 岐阜県高山市荘川町「御母衣湖」にて、
2002年06月23日撮影。
[中3・下] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp