バルレリア・アルボステラータ

Barleria albostellata

Barleria albostellata

Barleria albostellata

Barleria albostellata

アフリカの南部が原産です。乾燥した暑い地方に生え、高さは2メートルほどになります。卵形の葉には白い綿毛が密生してグレーに見えます。枝先に花序をつけ、真っ白な花を咲かせます。
キツネノマゴ科バルレリア属の常緑小低木で、学名は Barleria albostellata。英名は Grey barleria。
Grey barleria (Barleria albostellata) belongs to the family Acanthaceaeキツネノマゴ科 (the Ruellia family). It is an evergreen shrub that is native to southern Africa. This shrub grows in arid hot region and it can reach about 2 m in height. The leaves are ovate, covered with white wooly hairs densely, and look like gray. The white flowers bloom atop of branches.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年07月13日撮影。
[中2・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年10月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp