バルレリア・レペンス

Barleria repens

Barleria repens

Barleria repens

アフリカ南部のクワズールーナタールから熱帯アフリカに分布してい
ます。森林や林内に生え、高さは0.7〜2メートルなります。ときに他
の樹木などに絡みつくことがあります。葉は濃緑色の楕円形で光沢
があります。夏の終わりから秋にかけて、濃い赤紫色または桃赤色
の花を咲かせます。果実は棍棒状の刮ハです。
キツネノマゴ科バルレリア属の常緑小低木で、学名は Barleria
repens。英名は Small bush violet, Coral creeper。
Small bush violet belongs to Acanthaceae (Acanthus family). It is an
evergreen small shurub that is distributed from KwaZlu-Natal northwards to
tropical Africa. This shurub occurs in woodlands and forests and can reach
0.7-2 m in height. Sometimes this shurub also climbs into nearby trees.
Leaves are elliptic and shiny dark green. From late summer to fall, deep
purple-mauve or pink red flowers are seen. Fruits are club-shaped
capsules.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp