ボーモンティア・グランディフローラ

Beaumontia grandiflora

Beaumontia grandiflora

Beaumontia grandiflora

Beaumontia grandiflora

インドの北部が原産です。蔓性で、長さは15メートルほどになりま
す。葉は楕円形で15〜25センチの長さがあり対生します。春に白
い漏斗形の花を咲かせます。花には芳香があり、蜜もいっぱいある
そうです。京都フラワーセンターでは「オオバナカズラ(大花葛)」と種
名表示されていました。
キョウチクトウ科ボーモンティア属の常緑蔓性木本で、学名は
Beaumontia grandiflora。英名は Herald's trumpet, Easter lily vine。
[上・中1] 京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、
2005年04月15日撮影。
[中2・下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年03月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp