ベンガルぼだいじゅ (ベンガル菩提樹)

Ficus benghalensis

Ficus benghalensis

Ficus benghalensis

Ficus benghalensis

Ficus benghalensis

Ficus benghalensis

インドから東南アジアに広く分布しています。成長が早く、他の樹木の上で発芽したあと、長い気根を下ろして他を被いつくします。高さは30メートル、樹冠の直径は100メートルにもなるそうです。葉は卵形で、「インドぼだいじゅ」のように先端が尾状になりません。葉腋に球形の果嚢をつけ、赤橙色に熟します。インドでは長寿と豊饒を願う神聖樹として崇められ、しばしば「インドぼだいじゅ」と対で植栽される習わしがあります。
クワ科イチジク属の常緑高木で、学名は Ficus benghalensis。
英名は Banyan tree、Indian banyan。
Banyan tree (Ficus benghalensis) belongs to the family Moraceae (the Mulberry family). It is a tall evergreen tree that is distributed widely to India and South-east Asia. The seeds sprout out on other trees and bear many hanging aerial roots on them. This tree grows fast and can reach about 30 m in height and about 100 m width. The leaves are ovate with obtuce tips. The fruits are globose utricles and ripen into red-orange. Banyan tree is adored as a sacred tree for longevity and fertility, and it usually plants in pairs with Bo tree (Ficus religiosa) in India.
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年05月26日撮影。
[中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中2〜4・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2012年12月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp