ベゴニア・コモエンシス [Index] [Back]

Begonia komoensis

Begonia komoensis

熱帯アフリカ西部の赤道ギニアおよびガボンが原産です。着生植物で、腐った幹の地面に近いところに生えます。茎は長さ2メートル以上になり、四方に広がったり、這ったり、よじ登ったりします。葉は、地元では採集して、野菜として利用されます。1921年、エドガー・アームシャー(Edgar Irmscher)によって記載されました。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia komoensis。英名はありません。 
Begonia komoensis belongs to the Begoniaceae (the Begonia family). It is an evergreen herb that is native to the west tropical Africa, Equatorial Guinea and Gabon. This is an epiphytic plant and grows near the ground on decaying trunks. The stems are up to 2 m long that can be sprawling, trailing or climbing. The leaves are harvested from the wild for local use as a vegetable. It was described in 1921 by Edgar Irmscher. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp