ベゴニア・ルクスリアンス

Begonia luxurians

Begonia luxurians

Begonia luxurians

Begonia luxurians

中央アメリカが原産です。高さは1.2〜2.4メートルほどになり、群
落を形成します。葉は掌状に7〜17裂し、小葉は披針形で鋸歯があ
ります。葉の色は緑色または褐色、裏面は緑色です。夏に、芳香の
ある黄白色の花を咲かせます。
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑小低木で、学名は Begonia
luxurians。英名は Palm-leaf begonia。
Palm-leaf begonia (Begonia luxurians) belongs to Begoniaceae (Begonia
family). It is an evergreen shrub that is native to Central America. This
shrub forms clumps and can reach 1.2-2.4 m in height. The leaves are
divided into 7-17 lobes palmately with serrate lanceolate leaflets. They
have green or brown surface and green rear surface. The yellowish-white
scented flowers come in summer.
[上・中1〜2] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年12月05日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp