ベゴニア・オドラータ

Begonia odorata cv. Alba

Begonia odorata cv. Alba

カリブ海諸島が原産です。湿った山地の林や、日当たりのよい乾燥した地域の道ばたなとに生え、高さは75センチほどになります。木立性で繊維質の根をもつベゴニアです。茎は多肉質ですが、成熟した茎の基部は一部木化します。上部には目立つタケのような節があります。葉は光沢があり濃緑色、偏った卵形で先端が尖ります。一年中花を咲かせますが、中心となるのは秋から晩春にかけてです。花はピンク色を帯びるか白色で、非対称の集散花序に下垂します。写真は、園芸品種の「アルバ(cv. Alba)」。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia odorata。英名は Sweet bagonia。 
The Sweet begonia (Begonia odorata) belongs to the Begoniaceae (the Begonia family). It is an evergreen perennial herb that is native to the islands of the Caribbean. This herb grows in the wet mountain forests and in the sunny, drier regions along roadside, and grows to about 75 cm in height. It is a cane-type, fibrous-rooted begonia. The stems are fleshy but partially wooded at the base of mature stems. The upper portions have prominent bamboo-like joints. The leaves are glossy, dark green, and lopsided ovate with a pointy tips. It flowers year round, but most heavily from fall to late spring. They are pink-tinged or white colored and borne on pendant, asymmetrical cymes. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp