ベゴニア・ポリゴノイデス [Index] [Back]

Begonia polygonoides

Begonia polygonoides

西アフリカや中央アフリカが原産です。高さは45〜60センチになります。葉は長田円形で多肉質、互生します。花は小さな白色で、花後に胞背裂開の刮ハがつきます。これはイギリスの植物学者であったジョセフ・ダルトン・フッカーによって1871年、記載されました。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia polygonoides。英名はありません。 
Begonia polygonoides belongs to the Begoniaceae (the Begonia family). It is an evergreen perennial herb that is native to West Africa and Central Africa. This herb can reach heights of 45-90 cm. The leaves are oblong, succulent and alternate. The flowers are small white and will produce loculicidal capsules after flowering. It was described by English botanist, Joseph Dalton Hooker in 1871. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp