ベゴニア・プセウドルベルシー [Index] [Back]

Begonia pseudo-lubbersii

Begonia pseudo-lubbersii

Begonia pseudo-lubbersii

Begonia pseudo-lubbersii

ブラジル・リオデジャネイロの大西洋岸森林に分布しています。日陰の場所に生え、高さは1.5メートル以上になります。茎は「たけ(竹)」に似ていて、等分に分かれた節があります。葉は濃緑色で白色の斑点があり、裏面は赤褐色です。花は白色で下垂します。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia pseudo-lubbersii。英名はありません。 
Begonia pseudo-lubbersii belongs to the the Begoniaceae (the Begonia family). It is a perennial evergreen tree that is native to Atlantic Forest of Rio de Janeiro, Brazil. This herb grows in shady spots and can reach up to 1.5 m in height. The stem is cane-like with evenly spaced nodes. The leaves are dark green with white spots above, and red-brown beneath. The flowers are white and pendulous. 
東京都調布市「神代植物公園」にて、2016年07月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp