ベゴニア・センパフローレンス

Begonia semperflorens

Begonia semperflorens

Begonia semperflorens

Begonia semperflorens

Begonia semperflorens

Begonia semperflorens

Begonia semperflorens

Begonia semperflorens

Begonia semperflorens

ブラジル原産のセンペルフローレンス種をもとに、交配・改良された
園芸品種の総称です。葉は緑色、銅色、斑入りのものがあり、花色
は白色やピンク、紅赤色などです。「四季咲きベゴニア」とも呼ばれ
るように、暑さや乾燥に強く、適度な直射日光があればいつまでも花
を咲かせます。ただ寒さには弱く、霜が降りると枯れてしまいます。
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草で、学名は Begonia
semperflorens。英名は Perpetual begonia。
Perpetual begonia (Begonia semperflorens) belongs to Begoniaceae
(Begonia family). It is a cultivar-group that is derived from 'B.
semperflorens' which native to Brazil. The leaves are green, copper and
variegated. The flower-colors are white, pink and red. It is tolerant of heat
and arid, so it carries on bloom under suitable direct sunlight. But this herb
has not cold resistance, it blights by frost.
[上・中1] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2008年11月09日撮影。
[中2・中3] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、
2005年01月20日撮影。
[中4・中5] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中6] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 茨城県神栖市太田にて、2009年07月26日撮影。
(photo by Kazuko Iguchi)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp