ベゴニア・チエメイ

Begonia thiemei

Begonia thiemei

メキシコ南部からホンジュラスが原産です。根茎ベゴニアの一種で、高さは15〜30センチになります。葉は掌状複葉で、光沢のあり鋸歯のある小葉が7〜10個つきます。葉の裏面はえび茶色です。丈夫な花茎の上の花序に、緑がかった色の花を咲かせます。1895年、スイスの植物学者であるカシミール・ピラミュ・ドゥ・カンドールによって記載されました。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia thiemei。英名は Palm-leaf begonia。 
The Palm-leaf begonia (Begonia thiemei) belongs to the Begoniaceae (the Begonia family). It is an evergreen perennial herb that is native from southern Mexico to Honduras. It is a rhizomatous begonia and can reach 15-30 cm in height. The leaves are palmately compound with 7-10 glossy serrated leaflets. The leaf undersides are maroon. The greenish hued flowers bloom in clusters upon heavy stalks. It was described in 1895 by Swiss botanist, Casimir Pyrame de Candolle. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp